犬の病気をしっかりと治す~大切なペットの健康スケッター~

動物病院

ペットの病の見つけ方

ドッグ

ペットの病は見つけにくい

ペットの病気は発見しにくいとされています。日頃、家族のように接している犬や猫でも、その裏には病気が隠れていた…という事がよくあるそうです。今回はその理由と対策について、解説したいと思います。自分自身(人間)を基準にして考えてしまうと分かりにくくなってしまいますが、ペットは人間に飼われていたとしても、野生的な本能が残っています。つまり、多少怪我や病気をしていたとしても、それを分かりやすい形で見せてしまうのは、外の世界で生きて行くには非常にリスクがあるのです。弱味を見せたが最後、他の捕食者やライバルから襲われる可能性を考えているのです。そのため、犬や猫などのペットは我慢が出来なくなるまで、病気や怪我を隠してしまいます。

定期チェックをしましょう

そのため、一見健康そうなペットに関しても、定期的なチェックを受ける必要があります。人間で言う所の健康診断と同じものです。1つ注意すべきは、そのチェックの間隔です。人間の場合、1年に1度の健康診断が基本的ですが、犬や猫の場合は半年に1回が適正とされています。それは、年齢の取り方に関係があります。犬や猫は、1年間の間に5歳〜8歳程の加齢が発生します。そのため、1年間隔で受信し、その間の期間に病気が発症してしまった場合、5年〜8年放置した事になり、非常に重篤な症状になる場合があります。半年に1度の間隔で動物病院でチェックを受け、家族の一員であるペットが健やかに暮らせるよう、常に気を配る必要があるのです。

増えているお医者さん

医師

大阪は大都市のために数多くの動物病院があります。中には犬などの特定の動物を専門にしているところも多く、人と同じような専門的な治療を受けることができます。病気は急になることが多いので緊急治療を受け付けてくれる病院が人気です。

View Detail

ペットの肌の病気とは

ドッグ

犬の皮膚病は一度かかると治りにくく、再発率も高いのが特徴です。犬のからだを常に清潔に保つことが必要です。皮膚病の原因は細菌やアレルギー、寄生虫によるものです。飼い主は犬のかすかな変化にも注意しましょう。

View Detail

ペットの車いすが人気

獣医

犬の足が弱くなって筋力が衰えた場合は、車椅子を使用して犬が歩く事を補助してあげる事が大切です。犬は足の筋力が落ちる事によって、食欲が落ちて体力が衰えるため、車椅子を利用して日頃から散歩に連れて行き、健康を維持する事がオススメです。

View Detail