犬の病気をしっかりと治す~大切なペットの健康スケッター~

動物病院

ペットの肌の病気とは

ドッグ

その原因と症状

犬の皮膚病は、一度かかると長引いてしまいます。犬がひんぱんに患部を触ってしまうからです。このため、すぐ治るようなものも重症化してしまいます。犬の体を清潔に保つのは飼い主の責任です。ブラッシングや体の洗浄は欠かさず行いましょう。犬の皮膚病は大まかには3種類に分けられます。まずは寄生虫によるものです。ツメダニなどのダニから感染します。かゆみを伴いフケやかさぶたなどができます。また、アレルギーもその原因の一つです。ハウスダストや植物、食べ物などによって起こります。発疹ができ強いかゆみを伴います。細菌も原因になります。膿皮症と呼ばれる細菌の病気は犬の皮膚病の中で最も多いと言われています。これも強いかゆみや発疹を伴います。

その予防と治し方

犬の皮膚病は一度かかると再発を繰り返す場合が多いのです。特に細菌による膿皮症は感染率や再発率が高い病気です。これは、犬の皮膚にもとからいる細菌が体調のバランスの変化によって活動を活発にすることから起こります。皮膚病の治療は病院で抗生物質を与えたり、レーザー照射などで患部を焼いたりする手術などがあります。手術は痛みもなく安全に行われます。しかし、一番大切なのはペットのケアです。アレルギーのあるペットには食事に注意しましょう。また皮膚病になりやすい犬は毛を短くするのもいい方法です。また犬は患部をいじったり舐めてしまうので、首の周りにエリザベスカラーをつけたり、患部を包帯で巻いてしまいましょう。一番必要なのは犬のかすかな変化を見逃さないことです。